重願寺からのお知らせ

お知らせ一覧
[2016年11月 1日]

資料展示室・休憩所建築

境内の一角にありました休憩所、トイレを11月1日から改築をしております。

先代住職が、所蔵しておりましたB29のプロペラ、焼夷弾の破片、書籍等の

戦災、震災の資料を展示する展示室を併設し、皆さまにご覧になっていただ

きたく計画をしております。

併せて、従来の休憩所、トイレもご使用いただけるようになります。

完成は、来年の1月下旬から2月の初旬までには出来上がる予定です。

より多くの皆さまに、見ていただければと思っております。

 

[2016年11月 1日]

新本堂完成

本年、9月9日念願でありました。「重願寺本堂」の竣工となりました。

計画より3年、工期18ケ月で完成となりました。

檀信徒総代様をはじめ、役員そして多くの檀信徒さまのご尽力によって

完成させていただきました。

また、設計の中村建築研究所さまそして施工をお願いをした北野建設の

皆さまに感謝の念でいっぱいです。

念願でした木造建築でしたが、地域的な問題もあり、土台は鉄筋コンクリ

ートですが、木造を感じさせる「安心・安全」な建物となりました。

これからは、皆さまの重願寺となりますよう、住職として頑張ってまいります。

なお、「落慶式」(お披露目)来年の3月を予定しております。

                     平成28年11月1日   住職 大谷亮雄

[2016年1月 1日]

明けましておめでとうございます

   平成28年 明けましておめでとうございます。

 新しい年を迎え、気持ちを新たにしております。昨年より始まりました

 本堂・庫裡改築工事も折り返しを迎えます。

  これからが、色々と大変なことがあるかと思いますが、私も一生懸命

 頑張って行きたいと思っております。

  どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

         平成28年1月元日     重願寺住職  大谷亮雄

[2015年9月10日]

平成27年 慰霊法要

毎年恒例の慰霊法要ですが、本年は本堂・庫裡改築工事中につき

毎年、お声をかけている深川警察署、深川消防署、深川消防署森下出張所

東京消防庁第七方面本部そして猿江地区六ヶ町会の皆さまにはお声を

かけずに、寺内で厳修いたしました。

あいにくの雨模様で、本堂で法要をお勤めし、観音様へのお参りは傘をさして

のおまいりとなりました。                       住 職

                    0901photo_05.jpg

[2015年4月 1日]

お知らせとご報告

重願寺の歴史の中で、災害を被ることがしばしばありました。
歴史の新しいところでは、「関東大震災」「東京大空襲」により伽藍は消失いたしました。

そこで、先代十八世旭雄上人により、昭和39年(1964)現本堂を建立され長きに
渡って檀信徒の教化に尽力されました。
時移り、平成23年(2011)東北地方を襲い未曽有の大被害を及ぼした「東日本
大震災」が発生し、今もって、不自由な生活をなさっている多くの方々がいらっしゃいます。
重願寺は、目立った被害には遭遇いたしませんでしたが、前日に寺の行事(御忌法要会)を行っており、もし地震が前日の同じ時間に発生したら、200名を超える参詣者の皆さまがいらっしゃいました。
もし、人がいたときに地震が発生したらと考え、建物の耐震の検査をしたところ、エレベーター階段をバリアフリー化をするために現建物の壁を抜いたために強度について危険と判断されました。
そして、ご総代・役員の皆さまと熟慮を重ね、目先の修繕よりも、将来に向けて安心・安全の重願寺にするために、改築を計画し実行することといたしました。
工期は18か月の予定で、平成28年10月竣工の予定です。
このホームページでは、その工事の様子を皆さまにご覧いただけるようにいたしました(不虚山 重願寺 本堂建替の記録)
どうぞご覧になってください。(3か月置きに配信予定)
重願寺としたしましては一大事業です。一丸となって行います。よろしくお願いいたします。  

                4月1日        重願寺 住職  大谷亮雄