ABOUT

重願寺の宗派
  • 名 称

    浄土宗

  • 宗 祖

    法然上人(源空)

  • 開 宗

    承安5年(1175)

  • 本 尊

    阿弥陀佛(阿弥陀如来)

  • 総本山

    華頂山 知恩院(京都東山)

∧重願寺本尊 阿弥陀如来

∧宗祖 法然上人御影(重願寺 蔵)

當山の歴史

當山は所伝によると天正18年(1590)千葉邦胤の女(娘)、不虚大禅尼によって日本橋郡代屋敷に草創され、ついで寛永6年(1629)普光観智国師(増上寺第十二世)の高弟、本蓮社願譽是哲上人によって開山され、不虚山 當知院 重願寺と称しました。この寺号は『往生礼讃』という書物に唐代の善導大師みづからの信仰体験を記し、「深く阿弥陀佛を信じて称名念佛するものは必ず浄土に救いとろうと誓われたご本願は決して虚りではない」(當知本誓重願不虚、衆生称念必得往生)といわれた言葉に基づくものです。

寛文元年(1661)第六世 綱譽溥達上人のとき、新大橋と本所一ツ目の間に移転、さらに、寛政7年(1795)第十世 實譽寶観のとき、幕府御船蔵の御用により現在の猿江の地に移り、関東大震災、東京大空襲による戦災など数々の災害に遭遇しながらも法灯を伝えて今日に至っています。

平成23年(2011)東北地方に未曾有の被害を及ぼした「東日本大震災」を機に、将来を見越した安心・安全のお堂を発願し、平成29年(2017)3月現本堂・庫裡を落慶しました。

重願寺歴史ギャラリー

∧明治時代の重願寺

∧特設墓地竣工大施餓鬼会(昭和4年)

∧仮本堂と墓地全景(昭和4年)

∧当時の墓地の門(昭和4年)

∧関東大震災後の本堂(昭和12年)

∧旧本堂(昭和42年落慶)

年中行事
  • 1月1日

    修正会

  • 3月10日

    法然上人御忌会

  • 3月中旬

    春季彼岸会

  • 4月8日

    釈尊降誕会(花まつり)

  • 7月13~15日

    施餓鬼盆供養会(お盆)

  • 9月1日

    震災・戦災殉難者精霊慰霊法要(みまもり観音開眼記念の日)

  • 9月中旬

    秋季彼岸会

  • 11月10日

    十夜法要会

  • 12月27日

    観音像お身拭い式

Top に戻る